最低限知っておきたい不動産投資について

最近の不況により会社に勤めていても給料が上がりにくいため、不動産投資をする人が増えてきました。不動産投資と言ってもマンション経営などのかなりの初期費用を必要とするものから、駐車場のように大して初期費用を必要としないものまで様々なものがあります。どの不動産投資をするにしてもローリスクローリンターンかミドルリスクミドルリターン、あるいはハイリスクハイリターンのパターンしかないことは頭に入れておいた方がいいでしょう。もし、ローリスクハイリターンの投資を探しているとすれば、よほど誰も知らないような投資方法など特殊な場合ですので素人には見つけ出すには困難です。仮にそういった投資があったとしてもそれを見つけるまでにかなりの時間とお金がかかることがあります。もし、少ない手元しかなければ少額の利益を出す投資方法から考える必要があります。 少額の利益を出せるものとしても駐車場経営があります。駐車場経営には大きく分けて月極め駐車場とコインパーキングがあります。月極め駐車場は初期費用があまりかからない点でやりやすい不動産投資と言えます。一方、コインパーキングは初期費用は月極め駐車場よりはかかりますが、場所が良ければ月極駐車場よりは多くの利益を上げることが可能です。

福岡不動産投資.comを運営する九州リアルティ・アソシエイツ株式会社では 不動産投資 福岡をご案内しています。 3025

マンション経営で簡単に儲けれる

不動産経営はよい物件であれば、入居者が絶えることはありません。アクセスが良い、スーパーが近いなどアピールなるところはいつも競争率が激しいです。 私の血筋は、江戸時代にまでさかのぼることができます。とても古い旧家でした。江戸時代には、ある農村の庄屋だったそうで、多くの小作人を雇って、たくさんの田んぼを耕していたそうです。しかし、明治に時代が変わり、家も没落してしまいました。更に、大正、昭和を経て、時代が変わる毎に、私の家も凋落していきました。そのせいで、昔ほどの羽振りの良さは影を潜め、私が産まれたことにはほとんど他の一般の人と変わらないか、それ以下の質素な生活をしていました。しかし、昔は庄屋をしていただけあって、いくつか大きな田んぼを持っていました。しかし、田んぼというのはあまり、儲かるものではありませんでした。耕す人もほとんどおらず、私の祖父と祖母が細々と、農作物を作るだけでした。やがて祖父母はなくなり、田んぼを耕す人は一人もいなくなってしまいました。田んぼは荒れるがままとなりました。しかし、何の価値もない荒れ野原となった田んぼですが、税金は支払わなくてはなりません。何の収入源にもならない田んぼが、経済的負担となるという、面白くない自体になったのです。ですから、こんな田んぼは売ってしまおうという話も出ましたが、先祖から代々引き継いだ土地を売るのは忍びないということで、そこにマンションを建ててしまおうということになりました。マンション経営ならば、そこに部屋を貸すだけで収入になるので簡単で良いだろうというのです。反対する家族もいましたが、経済的にそれほど豊かでなくなった我が家ですので、結局マンションを建てることとなりました。最初は、マンション経営により税金を支払うだけのお金が手に入ればいいと考えていました。実際、マンション経営を初めて最初の数ヶ月は、入居者が少なくほとんど赤字同然でした。しかしマンション経営にも慣れてくる頃には少しずつ入居者がみつかり、家賃収入も増えてきました。数年経つと、経営は軌道に乗ってそれだけで食べていけるようになったのです。もし、皆さんも遊ばせている土地があれば、マンション経営をおすすめします。手軽に儲けることができるのです。

Copyright ©All rights reserved.最低限知っておきたい不動産投資について.