不動産投資家の多くはサラリーマン

不動産投資は昔から土地を持っていた地主が、土地の活用法の1つとしてアパート経営をするなど、どちらかというとお金持ち向けの投資と考えられています。 しかし近年は個人投資家が増えており、中でもサラリーマンは不動産投資がしやすいと言われています。 不動産の価格はワンルームマンション投資であったとしても、一般的には現金で一括決済するには高額すぎる場合が多いです。 よって、多くの投資家は銀行などの金融機関からの融資を受けて不動産投資をおこないますが、この時、サラリーマンの収入があることは融資審査に大きなプラスになります。 よって、サラリーマン向けの投資と言えます。

Copyright ©All rights reserved.最低限知っておきたい不動産投資について.